トップページ会社概要アクセス取り扱い商品採用情報リンクお問い合わせ

吉田せんべい

 
 

『吉田せんべいについて』

 

 豊橋で戦後始めた手造り・天日干しの製法にこだわっている有限会社葉山製菓の柔らか煎餅を「ふるさとの会」にて何度も協議し、一年近く試作を繰り返し行いました。東三河の特産品 大葉等を使い、大判で食感のやわらかな“あたたかくやさしいふるさと豊橋”の風情を味に託した手造り「吉田せんべい」です。味は、「五平餅せんべい」「大葉入りみそせんべい」「大葉入り砂糖せんべい」「豆乳せんべい」の4種類をご用意しました。この度 パッケージのデザインには、豊橋を代表し広く知られている「市電の風景」の伊奈彦定画伯にご快諾を頂き、市電の絵と直筆の文言を共に使わせて頂きました。そして市電のある街、手筒花火の街、伊奈画伯の素晴らしい絵に包まれた「吉田せんべい」が2008年6月に完成しました。

 また、この東三河で古くから使われている地元のたまり醤油を使い「三河たまりせんべい」を2010年5月に追加発売いたしました。現在、5種類を販売しております。

 あたたかくやさしさあふれるふるさとの味をぜひご堪能ください。

 

 

 

吉田せんべい

「吉田せんべい」

 

 

天日干し

手作業

手作業
 
「天日干しにより豊かな風味が生まれます」
「昔から受け継がれる手作業です」